ジャニーズのチケットを売るならどこがおすすめ?【手数料無料で売る】

飛行機のチケットの上にコインがのっている チケット関連

「どうしても外せない用事がはいっちゃって、行けなくなったコンサートのチケットを売りたいんだけど」

「2枚当たったけど、いっしょに行く友達もいないし、1枚売ってそのお金で別の公演に入りたいな」

オタを続けていると「チケット売りたい」って思ったことは何度もあるはず。

せっかく売るなら、かんたんで、安全に、しかも損せずに売りたいですよね。

チケットを売るといえば何も考えずに「チケット流通センター」を使っている人が多いと思いますが、めっちゃ損してるって知ってました?

チケット流通センターって手数料に10%以上も取られるんですよ。10枚チケット売ったら1枚分、損しているってこと。

そのお金でもう一回コンサートに行けたのに……

世の中にはいろいろなチケットの売り方がありますが本当に損をせずに、ジャニーズのチケットを売る方法って、なかなかわかりません。

いろいろなところで試行錯誤を繰り返すのって時間もお金も無駄になってしまいます。(場合によっては詐欺にあうことも……)

でも、安心してください。

ジャニオタ歴10年以上、過去200回以上コンサートに行った私が編み出したベストなチケットを売る方法を教えます。

この記事を読めば、手数料をかけず、かんたん安全にチケットを売る方法わかりますよ。もちろん誰にでもできます。

つまり、余っているチケットを売って、そのお金で他の公演にも行けるようになります。

それではくわしく解説していきますね。

今、チケットを売るのにおすすめなのはチケジャムです

チケジャムロゴ小

「チケジャム?なにそれ?」と思っている人も多いかもしれません。

チケジャムは最近、人気がでてきたチケット売買専用アプリ。

わかりやすくいうとメルカリのチケット版。

アプリのインストールが必要でちょっとめんどくさいです。でもすこしのめんどくささを乗り越えるとこんなにメリットがあるんです。

チケットをチケジャムで売るべき3つのメリット
・本人確認がスマホで完了。すぐ出品できる
・販売手数料がかからない

・他サイトでも同時に売ることができる(チケ流との組み合わせが最強)

>>チケジャムをインストールしてすぐに出品する

それではひとつづつ解説していきますね。

チケジャムなら本人確認がスマホで完了。すぐ出品することができる

チケジャムなら本人確認の面倒な手続きの必要なし。スマホ1つでアプリを起動して、たった10秒で出品できるようになります。

「約束してた友達が急用で行けなくなった。コンサート2日後なのに……」という人や「めんどくさい手続きはいや!とにかく手軽にすぐ売りたい」という人はチケジャムがおすすめです。

本人確認のやり方もアプリを起動して「アカウントをつくる」をタップ。ショートメールに送られてきた数字を入力するだけ。はっきり言って超簡単です。

チケット流通センターの場合、書類を郵送してもらい受取らなければなりません。出品するまでにすくなくとも3日はかかります。

だから、急に売りたいチケットや、手続きがめんどくさい人もすぐに出品することができるんです。

手軽に売るならチケジャムがおすすめです。

チケジャムは販売手数料無料

チケジャムは販売手数料が0円なんです。

たとえば定価1万円のチケットを誰かに売った場合……

販売手数料手に入るお金
チケジャム0%10000円
チケット流通センター10.45%8955円(-1045円)

大手のチケット流通センターは10.45%手数料がかかります。チケジャムなら手数料は0%です。

チケ流は10回売ったら1回分の利益が無いのと同じです。定価で売っても損をしてしまうんですね。それと比べるとチケジャムってめちゃくちゃお得です。

1000円あったらけっこういいランチ1食分になりますよね。

でも、販売手数料が0%なのはチケジャムのキャンペーンで今だけです。

販売手数料0%のこのキャンペーンもいつ終わるかわかりませんから、早めに利用するのをおすすめします。

チケジャムは他サイトで同時に売ることができる

チケジャムとチケ流のロゴ

「チケジャムって本当に人がいるの?ちゃんと売れるか不安なんだけど」って思いますよね。

チケジャムならチケット流通センター同時に出品することができるんです。

チケ流といっしょに出品しちゃいましょう。

やりかたはカンタン。チケジャムでチケットを売るときに「通常取引引き(落札承認が必要)」を選ぶだけ。

チケジャムには「通常取引」と「即決取引」ふたつの売り方があります。

通常取引」は買い手が申し込んでから、あなたが落札を承認して初めて取引成立。
即決取引」は買い手が申し込んだらその時点で取引成立。落札承認は不要です。

「通常取引」を使えば、他サイトと同時に出品することができるんです。

もし、他サイトでチケット売れてしまったなら、チケジャムで申し込まれても、キャンセルすればいいだけ。かんたんです。

同時に出品なら、チケ流だけで売るよりも、売れる可能性がずっと高くなりますし、別の値段で出品することもできます。

売るチャンスを最大限にすることができます。やらないと損です。

チケットを売るときの注意!SNSで売るのは絶対NG

ツイッターロゴにバツ印

「チケジャムとチケ流の組み合わせがベスト」と書きましたが「ツイッターで誰かに売れば手数料かからないじゃん」って思いますよね。

ツイッターやLINE、FACEBOOKなどSNSを利用した個人間でチケットの売買もできますが、まったくおすすめできません。

その理由は「詐欺のリスクやトラブルになる可能性が高いから」です。

友達や、リアルで会ったことのある人ならいいですが、はっきり言って知らない人に売るのはリスクが超高いです。やめておきましょう。

詐欺にあわなくても私も過去にこんなミスをしてしまいました。

 

私の失敗談

去年、ツイッターで知り合ったAさんに、ジャニーズアイランドのチケットを定価でゆずることになりました。

当日会場でお金とチケットを交換するから大丈夫だろう。と思ったら前日にAさんから「親が急病で行けなくなった」と連絡が。急病ならしょうがないとOKしましたが、結局、他に行く人は見つからなく、チケット代12000円を泣く泣く捨てる羽目に。

でも後で知り合いに聞いたところ、Aさんは実はもっといい席を持ってる友達が見つかったので、私に「親が急病」と嘘をついて、もっといい席でみていたらしい……

こんな失敗はチケット売買サイトで売れば回避できます。(相手が来なかった場合も確実にお金がもらえるため)

とにかくSNSでの売り買いはやめましょう。

絶対にチケット売買サイトの利用をおすすめします。

チケットを売るときのコツ

ジャニオタ歴10年以上の私がチケットを売るときのコツを解説しますね

チケットを売るときのコツは以下の3つ

・出品前に相場をチェックして値段をつけよう
・席をくわしく書きすぎない
・説明文はわかりやすくていねいに

それではそれぞれの詳しい解説をしていきますね。

出品前には相場をチェックして値段をつけよう

いちばん大事なのは値段のつけかた。感覚で決めてはダメ。

「どうやって値段をつければいいのかわからない……」と悩んだら過去に売れたチケットや、出品中のチケットを見て、値段を決めましょう。

なぜなら……

・高すぎるといつまでも売れ残ってしまい、損をしてしまう

・安すぎると、一瞬で買われてしまい、転売される可能性がある

・適正な価格で売れば、その得たお金で別の日に行けます

おすすめの値段のつけかたは、過去に売れた自分と同じくらいの座席の一番高い額を参考にして同じ値段か少し高い値段をつけるといいでしょう。

例えば、自分と同じくらいの座席列が過去に8000円、10000円で売れていたら、12000円で出してみましょう。

少し高めに値段設定するのは、とりあえず高く売れればラッキーですし、値下げ交渉に対応するためです。いつでも値段が下げられるので、とりあえずちょっと高めにしておいて、だんだん様子を見ながら下げていけばいいと思います。
ただし、コンサートの期日が近いときは駆け引きせず、安めにしましょう。

本当に怖い転売について

もし、あなたが相場と比べて安すぎる値段をつけると、あなたのチケットを買った人が転売する可能性があります。これは非常に危ないです。

誰の手に渡るかわかりませんし、もし間で転売した人に、運営に情報を流されたら(あなたが定価以下で売っていたとしても)コンサートをつまみ出され、あなたのファンクラブ会員が停止される可能性もあります。

転売を防ぐには……

・チケットを当日手渡しが安全

・相場をみて、安すぎる値段で出さない

この2つのポイントを必ず守りましょう

席をくわしく書きすぎない

席番号を運営に特定されてしまうと、途中退場+ファンクラブ会員剥奪になってしまいます。そんな最悪な事態を防ぐためにかならず、席は必ずぼかして書きましょう。

例えばJ列33番のチケットを持っていたなら、出品するときは「J列:20~40番」と書きましょう。

列情報はぼかさずに、席番号を前後10~20番ずらしたキリのいい番号を書きましょう。

たとえ通路横としても書かないほうが無難です。とにかく席を特定されるとやばいので注意しましょう。

説明文はていねいにわかりやすく

チケットの説明文で「チケットゎ、当日手渡しますワラ」なんて書いてあったら、「大丈夫かな」という印象を与えてしまい売れなくなってしまします。

理由はカンタン。日本語が怪しい人から買いたくないからですね。同じ値段で文章がまともな人がいたら、そちらの人から買いたいのが人間の心理です。

できるだけ、ていねいにわかりやすく、説明文を書くように心がけましょう。

まとめ:チケットを売るならチケジャムがおすすめです

チケジャムロゴ小

チケットを売りたいなら、チケット版メルカリのチケジャムがおすすめです。

メルカリをやったことがあるなら、誰にでもカンタンに操作することができます。

・本人確認が3分で完了して、チケットを売り始めることができる

・販売手数料が無料

・チケット流通センターと同時に出品するしてもOK

はっきり言って使わないと損なレベル。もちろんダウンロードは無料ですし、チケットを買わなければ、お金を使うこともありません。

>>チケジャムをダウンロードしてすぐ出品する

売って得たお金で別の日のチケットを買うこともできます。

かしこくチケット売買サイトを使えばもっと自担に会うことができるんです。ぜひすてきなジャニーズライフを送ってくださいね。

※当サイトでは定価以上の値段で売ることについては推奨もしませんし、禁止もしません。あくまで中立の立場で個人の判断に任せています。自分で判断して納得できる価格で売ってください。

コメント